ファッションに関するレアな情報、コアな情報、マニアな情報
06 * 2017/07 * 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/03
Dsquared(ディー・スクエアド)2008秋冬ミラノメンズコレクション
2008 2009 AUTUM WINTER MILAN COLLECTION MENS
(2008秋冬ミラノメンズコレクション)

January 15, 2008
Dsquared(ディー・スクエアド)


画像はこちら↓
http://men.style.com/fashion/collections/F2008MEN/review/DSQUAREMEN


コメント

ある意味、新鮮なコレクションではあった。
スキーがテーマというのは、けっこうあるけれど、これほど完璧にスキーな感じというのは、なかなか無いかも。
ブーツがスキーブーツでしたけど、あれ売るんでしょうか??

ディー・スクエアドって、いかにも芸能人的な感じで、好き嫌いは様々ありますが、単品として見ると良いものはあったりするのですよね。
でも、僕は、彼らがまだ人気が出る前の2000年くらいのシンプルなコレクションが好きでした。
スポンサーサイト
01/27
Comme des Garcons(コムデギャルソン)2008秋冬パリメンズコレクション
2008 2009 AUTUM WINTER PARIS COLLECTION MENS
(2008秋冬パリメンズコレクション)

January 18, 2008
Comme des Garsons(コムデギャルソン)

http://men.style.com/fashion/collections/F2008MEN/review/CDGMEN


コメント

コムデギャルソンのメンズって、今まで買ったことないというか、正直な話、欲しいと思ったことすら無いのだが、今回はちょっと欲しいかもと思いました。
したら、ヴィヴィアンウエストウッドへのオマージュですか、そうですか。なるほど。
僕も、根はパンクなので(笑)
でも、考えてみると、こういう服なら、自分で作れるし、古着でもあるので、わざわざコムデギャルソンを買おうとは思いませんけどね。
つーか、自分で作ろうかな(笑)
とか書いていると、作った人が友達の友達あたりに、かなり居そうなので(笑)
良いのもありました(特に後半)と言っておきましょう。
01/26
Alexander McQueen(アレキサンダーマックイーン)2008秋冬ミラノメンズコレクション
2008 2009 AUTUM WINTER MILAN COLLECTION MENS
(2008秋冬ミラノメンズコレクション)

January 13, 2008
Alexander McQueen(アレキサンダーマックイーン)

http://men.style.com/fashion/collections/F2008MEN/review/AMCMEN

コメント

いつものような、参りました!というようなド派手なパフォーマンスのない今回。
美しいパンツのラインと靴のラインに目が向きました。

ペイズリー柄に代表されるように、イタリアの上質な素材にこだわったところは、生地の本場としてのイタリアファッションというレディースの流れと同じラインにあると思いますし、正しい方向のような気はします。
ただ、ファンとしては、マックイーンには、もっと弾けてもらいたいということはあります。
あなたとガリアーノが弾けなくて、誰が弾けるよ??

マックイーンのテーラードは、本当に美しいですが、それにともなって高価です。
一方、カジュアルのラインは、これどうよ?という質のものも多く、手を広げすぎな感じがするのですが、どんなもんでしょうか??
09/26
MARC by MARC JACOBS 2008SS COLLECTION

2008 SPRING SUMMER NEWYORK COLLECTION
MARC by MARC JACOBS(マークバイマークジェイコブス)



コレクション詳細はこちら↓

http://www.style.com/fashionshows/collections/S2008RTW/review/MARC




コメント
なぜか横並びのコレクションが多いニューヨークにあって、売らねばならぬセカンドでも、らしさを失っていない、好感のもてるコレクション。
久々に、ちょっと欲しくなりました。
あとは、これで素材が良ければねえ。。
本物見てみないと、その辺はなんとも言えませんが。。
09/20
ANGELO FIGUS 靴のコレクションを再開!
アントワープ王立アカデミー出身の人気デザイナー、ANGELO FIGUS(アンジェロ・フィグス)が、靴のコレクションでカムバックらしいです。

まだ、本物見てないのですが、いかにもアンジェロという感じで素敵ですね。
アンジェロフィグスは、イタリア、サルディニア島出身。
コンセプチュアルな服で、一部ファッションマニアに絶大な人気を誇ったデザイナー。

中でも、ちょっと魔女っぽい靴は、ビジネス的にも成功。
しかし、DRIES VAN NOTEN 氏と契約のなんやかんやで、自分のブランドで作れなくなったとか、どうだとか、情報定かでは無いのですが。
以後、故郷で子育てしていたとか、いないとか。

でも、良かったですね、復活。
みんな待ち望んでいたと思います○

取り扱いは、バスストップだそうです。


早く、服が見たいです☆


ANGELO FIGUSのアーカイブが見たい方は、吉祥寺のhttp://www1.parkcity.ne.jp/ccplus/で、お尋ねください。
大概の場合、仕舞ってありますので、お見せします☆
Copyright © 2005 服マニア.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。