ファッションに関するレアな情報、コアな情報、マニアな情報
08 * 2007/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/30
JIL SANDER by RAF SIMONS 2008SS COLLECTION
2008 SPRING SUMMER MILAN COLLECTION
JIL SANDER by RAF SIMONS

(ジルサンダー2008SSコレクション)


コレクション詳細はこちら↓

http://www.style.com/fashionshows/collections/S2008RTW/review/JLSANDER



アントワープを代表する人気デザイナー、ラフシモンズによるジルサンダーのコレクション。
正直な話、昨年というか、今年か、2007年のコレクションは、春夏、秋冬とも、傑作といって良い出来だったと思う。
ラフシモンズらしさと、ジルサンダーの高貴でストイックなアイデンティティが高度な時限で結合した素晴らしいコレクションだった。
ラフシモンズによるジルサンダーが完成した!という瞬間だったのだと思う。


しかし、今回は、行き過ぎてしまったような気がする。。
デザインってうのは、難しいです。
ラフシモンズさん、がんばってください。いつも応援しておりますです、はい。
スポンサーサイト
09/26
malo 2008 SS COLECTION
2008 SPRING SUMMER NEWYORK COLLECTION
malo(マーロ)




コレクション詳細はこちら↓


http://www.style.com/fashionshows/collections/S2008RTW/review/MALO


コメント

最上級のカシミヤニット等で有名なマーロのコレクション。
果たして、これが自分の好みか?と、問われると、どうか?と思うが。
客観的に見て、すごく良く出来たコレクションだと思う。

シルエットも、手の込んだプリントも独自だし。
ブラボー

09/26
MARC by MARC JACOBS 2008SS COLLECTION

2008 SPRING SUMMER NEWYORK COLLECTION
MARC by MARC JACOBS(マークバイマークジェイコブス)



コレクション詳細はこちら↓

http://www.style.com/fashionshows/collections/S2008RTW/review/MARC




コメント
なぜか横並びのコレクションが多いニューヨークにあって、売らねばならぬセカンドでも、らしさを失っていない、好感のもてるコレクション。
久々に、ちょっと欲しくなりました。
あとは、これで素材が良ければねえ。。
本物見てみないと、その辺はなんとも言えませんが。。
09/26
MARC JACOBS 2008SS COLLECTION
2008 SPRING SUMMER NEWYORK COLLECTION
MARC JACOBS(マークジェイコブス)


コレクション詳細はこちら↓

http://www.style.com/fashionshows/collections/S2008RTW/review/MJACOBS



コメント

全部が良いとは言わないけれど、やっぱり、マークっていうのは、ニューヨークコレクションのナンバーワンデザイナーなのだ、アメリカの宝なのだっていうことを感じさせてくれるコレクション。
鬱病だのなんだの、と色々あったようだけど、毎シーズン、それもトップブランドの服を作り続けていくことの大変さ。
そういうことを突き抜けたところへ、踏み出しているような気がする。

やっぱり、マークジェイコブスは偉大なんだな、と感じております。
09/22
TOPSHOP 2008 SPRING SUMMER COLLECTION
TOPSHOP 2008 SPRING SUMMER COLLECTION

LONDON COLLECTION 2008SS 
9月17日


コレクション詳細はこちら↓

http://www.style.com/fashionshows/collections/S2008RTW/review/TOPSHOP


コメント
最初の方に、いくつか印象的なコレクションがある。後は平凡なロンドン。
良い意味でも悪い意味でも、ロンドンコレクションを象徴している気がする。
光るものは有るのだが、全体としては。。
結局のところ、コレクションのレヴェルを支えているのは、客層にある。
買い支えてくれる、レヴェルの高い目をもった上顧客がいないと、良いコレクションは成立しないのではないでしょうか?
09/22
TSE by Tess Giberson 2008 SS COLLECTION
TSE by Tess Giberson 2008 SPRING SUMMER COLLECTION


コレクションの詳細はこちら↓

http://www.style.com/fashionshows/collections/S2008RTW/review/TSE


コメント

数年前は、Hussein Chalayan(フセインチャラヤン)もデザインしていた、ニューヨークの高級カシミヤブランドTSE『セイ』ですが、現在は、ハンドメイドでコンセプチュアルな服作りで、アメリカのデザイナーの中では、とりわけ異彩を放っていた、テス・ギバーソンのデザイン。

さすがに、他のニューヨークブランドとは、一線を画した作り。
JIL SANDER (ジルサンダー)の雰囲気にも近く、上質で深い精神性を感じるコレクションだと思います。

あんなに高価な服ばかり作って生きていけるのだろうか?と案じていましたが、良い就職先を見つけて良かったですね☆
09/22
United Bamboo SPRING SUMMER 2008 COLLECTION
United Bamboo SPRING SUMMER 2008 COLLECTION
ユナイテッドバンブー

Designer / Thuy Pham and Miho Aoki


コレクションの詳細はこちら↓

http://www.style.com/fashionshows/collections/S2008RTW/review/UBAMBOO


コメント
いかにも、日本人とアジア人のコンビという感じで、東京コレクションに近いデザインだだが、ニューヨークでの回を重ねるごとに、独自の位置に定着してきたのかな?と思える。ニューヨークにおけるアジア人の役割に期待したい。
09/22
Y-3 by Youji Yamamoto x adidas 2008SS COLLECTION
Y-3 by Youji Yamamoto x adidas 2008SS COLLECTION


コレクションの詳細はこちら↓

http://www.style.com/fashionshows/collections/S2008RTW/review/YYADIDAS


コメント

いかにもな金持ちアメリカンのコレクションに辟易した目には、オアシスのように見えるコレクション。
やっぱり、カッコイイ☆
こういうのを着てニューヨーク歩いてほしいです。
都会が似合う服で、なんでニューヨークコレクションに参加しているのかが分るような気がします。
09/20
Zero Maria Cornejo 2008SS COLLECTION
Zero Maria Cornejo 2008SS COLLECTION

マリア・コルネホ2008SSコレクション 画像はこちら↓


http://www.style.com/fashionshows/collections/S2008RTW/review/ZERO


コメント
うーん、なんかセレブ。。
ご存知、写真家のマークボスウィック氏の奥さんである、マリアさん。
ニューヨークには珍しい、インディペンデントでアートな感じだったのに。。
なぜ??

と思ったら、もう一つ、ラインを増やしていたようです ↓
http://www.style.com/fashionshows/collections/2008RST/complete/thumb/ZERO


これこれ。こっちが、マリアコルネホ本来の味でしょう。
彼女の服は、着ると、これまた良く出来たカッティングなんですよね。
ショーだと分りにくいですけど。。


マリアコルネホの希少なアーカイブが見てみたいという方は、吉祥寺のcontemporary creation+http://www1.parkcity.ne.jp/ccplus/まで来て下さい。世界の一流デザイナーの希少なアーカイブを見て、(一部非売品あり)買うことができます☆


09/20
Aquascutum by Graeme Fidler and Michael Herz 2008SS COLLECTON
Aquascutum by Graeme Fidler and Michael Herz 2008SS COLLECTON


アクアスキュータム2008SSコレクションの映像はこちら↓

http://www.style.com/fashionshows/collections/S2008RTW/complete/thumb/AQUA?trend=&page=1




コメント
なんかニューヨークは、みんな似たようですね。。もういいや(笑)
好きなデザイナーに移ろう(笑)
ABCで行こうと思ってましたが、Zから行きます(笑)

アクアスキュータム自体は、ブランドリニューアルから、グッと良くなった感じなのだけど、創造性のピークは過ぎてしまったのかなあ??
最も、質は良いブランドなので、買う分には何の問題も無いと思いますが。。

こういうの見るなら、ZERO by MARIA CORNEJOの昔のコレクション見た方が良いような気がします。

というわけで、次はZERO by MARIA CORNEJOに行きましょう
09/20
ADAM by Adam Lippes 2008SS COLLECTION
ADAM by Adam Lippes 2008SS COLLECTION


ショーの写真はこちら↓

http://www.style.com/fashionshows/collections/S2008RTW/complete/thumb/ADAMEVE?trend=&page=1


コメント
3.1 Phillip Lim と似た感じで、爽やかで上品なコレクション。
正統派なイギリスって感じで、普通に売れそうですね。
本当に上質かどうかは、写真ではなく、触って確かめないと分らないですが、たぶん上質だと思います。

ニューヨークの方がロンドンより正当なイギリスっぽいと感じるところが不思議。

これから、こういう感じが、ロンドンコレクションの中心になっていくのかもしれません。
09/20
3.1 Phillip Lim 2008 SS COLLECTION
NEWYORK COLLECTION 2008 SPRING SUMMER(ニューヨークコレクション2008SS)
ブランドピックアップ

3.1 Phillip Lim
http://www.style.com/fashionshows/collections/S2008RTW/complete/thumb/PLIM



コメント
鮮やかな蛍光イエローや赤が印象的な、爽やかなコレクション。
正統的なロンドンというか、イギリスの香りがします。
ニューヨークコレクションですが。。
Pringle の成功以来、こういう感じのが増えているようですね。
09/20
本日でロンドンコレクション終了
今日でロンドンコレクションが終了です。

ショーの模様はこちら↓

STYLE.COM
http://www.style.com/fashionshows/collections/S2008RTW/review/TEMP

ELLE U.K
http://www.elleuk.com/elle/fashion/news/matthew-williamson-s-other-london-collection/(gid)/143974


写真
http://news.xinhuanet.com/english/2007-09/19/content_6753061.htm



ロンドンコレクション、ショースケジュール
http://www.modemonline.com/fashion/catwalks_presentations_c/71

アントワープアカデミー出身のPeter Pilotto とか、ひねったデザインで人気のAnn-Sofie Backとかは、なぜかロンドンでショーやったみたいですね。

たしかに、bernhard willhelmもそうだけど、Peter Pilotto も、パリやアントワープより、ロンドンや東京の方が売れそうな感じはします。

ロンドンコレクション、ショールームスケジュール

http://www.modemonline.com/fashion/commercial_showrooms_c/71
09/20
ANGELO FIGUS 靴のコレクションを再開!
アントワープ王立アカデミー出身の人気デザイナー、ANGELO FIGUS(アンジェロ・フィグス)が、靴のコレクションでカムバックらしいです。

まだ、本物見てないのですが、いかにもアンジェロという感じで素敵ですね。
アンジェロフィグスは、イタリア、サルディニア島出身。
コンセプチュアルな服で、一部ファッションマニアに絶大な人気を誇ったデザイナー。

中でも、ちょっと魔女っぽい靴は、ビジネス的にも成功。
しかし、DRIES VAN NOTEN 氏と契約のなんやかんやで、自分のブランドで作れなくなったとか、どうだとか、情報定かでは無いのですが。
以後、故郷で子育てしていたとか、いないとか。

でも、良かったですね、復活。
みんな待ち望んでいたと思います○

取り扱いは、バスストップだそうです。


早く、服が見たいです☆


ANGELO FIGUSのアーカイブが見たい方は、吉祥寺のhttp://www1.parkcity.ne.jp/ccplus/で、お尋ねください。
大概の場合、仕舞ってありますので、お見せします☆
09/20
JACK HENRY 2008SS COLLECTION
フランスのデザイナー、JACK HENRY の2008SS COLLECTIONの展示会が、渋谷で行われていて、案内が来たので行ってみた。


なんでも、現地法人の100%出資で、今回からJACK HENRY JAPAN社を設立したそうで、今回は、そのお披露目コレクションになったようだ。



JACK HENRYは、フランス製だったのだが、数年前から日本縫製になっていて、あれ?と思っていたのだが、現在は日本から世界へ向けて輸出するカタチでコレクションを届けているらしい。
バッグのみイタリア製だそうです。


今回は、デザインや生地選びその他は全てジャックがパリで行い、それを日本で仕上げて輸出する感じになるそうで、僕が「海外ブランドが、日本で生産すると、最初は良いけど、段々日本のブランドみたいになっちゃいますよねー?」という話をすると、極力それを避けるためにがんばっているそうです。
縫製も生地もカットも、それを克服したいと、社長の高橋さんは語ってくれました。


今回のコレクションに関しては、準備が不足しているようで、お披露目っぽくなっていた部分があるようだけど、大変実力のあるデザイナーですし、個人的に大ファンでジャケット愛用してたりするし、パリのマレ地区のジャックヘンリーの小さなショップに憧れて服屋を始めたこともあり、新生JACK HENRYに期待したいです。

次の秋冬から、メンズも再スタートするので、「良い出来だったら、是非買い付けたいので、よろしくお願いします」と言って、帰ってきました。

とても感じの良い展示会でした○

Copyright © 2005 服マニア.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。