ファッションに関するレアな情報、コアな情報、マニアな情報
12 * 2008/01 * 02
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/30
Dolce&Gabbana(ドルチェ&ガッバーナ)2008秋冬ミラノメンズコレクション
2008 2009 AUTUM WINTER MILAN COLLECTION MENS
(2008秋冬ミラノメンズコレクション)

January 12, 2008
Dolce&Gabbana by Domenico Dolce and Stefano Gabbana
(ドルチェ&ガッバーナ)


映像はこちら↓
http://men.style.com/fashion/collections/F2008MEN/review/DGABBANAMEN


コメント

今年のミラノは、売りに出て、手堅くまとめたのが多いですね。
ハイクオリティーな生地と生産体制を活かした、いかにもイタリアらしいコレクション。
リアルに売れそうです。
前記あたりから、ミラノは、自らの方向付けをはっきり打ち出してきたような気がします。
なんだかんだ言っても、ドルチェって、カッティング綺麗なので、着ると凄いわけです。
高価ですけどね。
スポンサーサイト
01/30
Dior Homme(ディオールオム)2008秋冬パリメンズコレクション
2008 2009 AUTUM WINTER PARIS COLLECTION MENS
(2008秋冬パリメンズコレクション)

January 20, 2008
Dior Homme by Kris Van Assche (ディオールオム)

映像はこちら↓
http://men.style.com/fashion/collections/F2008MEN/review/CDMEN


コメント

現在最注目のデザイナーの一人、アントワープ王立アカデミー出身クリス・ヴァンアッシュによるディオールオムのコレクション。
だったはずなのだが、うーん、なんじゃこれ?
出来損ないのラフシモンズかいな。。
クリスよどこへ行く??
元々、クリスヴァンアッシュのデビューシーズンとか、その後っていうのは、むしろディオールオムに相応しい好コレクションだったんだけどねえ。
どうしちゃったのかな?働き過ぎかな??

うちら作ったナットのチョーカーをクリスヴァンアッシュがパクった(たぶん)というのが、うちのちょっとした自慢だったのだが、いつまでも自慢したいのでがんばってください☆
01/30
CoSTUME NATIONAL (コスチュームナショナル)2008秋冬ミラノメンズコレクション
2008 2009 AUTUM WINTER MILAN COLLECTION MENS
(2008秋冬ミラノメンズコレクション)


January 12, 2008
CoSTUME NATIONAL by Ennio Capasa (コスチュームナショナル)


http://men.style.com/fashion/collections/F2008MEN/review/CNMEN


コメント

原点を見つめるコレクションだそうだが、
コスチュームの服を愛用して十数年になるが、黄色のチェックというのは、初めて見た気がする。
基本はいつもと一緒だが、上品なカジュアルに仕上がっている今回。
コレクションがどうこういうより、着てみればカッコイイはずです、はい。
01/27
Comme des Garcons(コムデギャルソン)2008秋冬パリメンズコレクション
2008 2009 AUTUM WINTER PARIS COLLECTION MENS
(2008秋冬パリメンズコレクション)

January 18, 2008
Comme des Garsons(コムデギャルソン)

http://men.style.com/fashion/collections/F2008MEN/review/CDGMEN


コメント

コムデギャルソンのメンズって、今まで買ったことないというか、正直な話、欲しいと思ったことすら無いのだが、今回はちょっと欲しいかもと思いました。
したら、ヴィヴィアンウエストウッドへのオマージュですか、そうですか。なるほど。
僕も、根はパンクなので(笑)
でも、考えてみると、こういう服なら、自分で作れるし、古着でもあるので、わざわざコムデギャルソンを買おうとは思いませんけどね。
つーか、自分で作ろうかな(笑)
とか書いていると、作った人が友達の友達あたりに、かなり居そうなので(笑)
良いのもありました(特に後半)と言っておきましょう。
01/27
Burberry Prorsum (バーバリー・プローサム)2008秋冬ミラノメンズコレクション
2008 2009 AUTUM WINTER MILAN COLLECTION MENS
(2008秋冬ミラノメンズコレクション)


January 12, 2008
Burberry Prorsum by Christopher Bailey (バーバリー・プローサム)


http://men.style.com/fashion/collections/F2008MEN/review/BPMEN

コメント

クリストファーベイリーによるバーバリープローサムコレクション。
毎度ながらにカッコイイですね。
僕は最近は、リラックスした感じにハマっているのですが、こういうの見ると、やっぱりちゃんとした服って良いなあと思います。
欲しくなったりもします。
でも安心、おいそれと買える値段ではありません(笑)

完璧な素材と完璧なテクニックと技術で作られた完璧な服。

ただ、僕が一番好きな演奏は、そういったマウリツィオポリーニのような演奏では無くって、アルフレッドコルトーのように、ミスタッチがあったり、歪んだりしているのだけれども、なぜか心を豊かにするような、そういう演奏なのもまた事実。
服もまたしかり。
01/27
Bruno Pieters(ブルーノピータース)2008秋冬パリメンズコレクション
2008 2009 AUTUM WINTER PARIS COLLECTION MENS
(2008秋冬パリメンズコレクション)


January 19, 2008
Bruno Pieters(ブルーノピータース)

画像はこちら↓
http://men.style.com/fashion/collections/F2008MEN/review/BRPMEN


コメント

アントワープ王立アカデミー出身のブルーノピータースのコレクション。
レディースは、かなり人気が定着してきた感がありますが、メンズに関しては、まだ僕は買ったことがありません。
どうなんでしょう?着こなすの難しそうだなあ。
微妙なバランスでお洒落はお洒落ですけどね。
なにしろ、レディースは良いのがあるので。。もっと良いもの作れるはず。
ドイツのブランド、ヒューゴボスのアートディレクションも担当しているとかで、がんばってほしいです。
01/27
Bottega Veneta (ボッテガベネタ)2008秋冬ミラノメンズコレクション
2008 2009 AUTUM WINTER MILAN COLLECTION MENS
(2008秋冬ミラノメンズコレクション)

January 13, 2008
Bottega Veneta by Tomas Maier (ボッテガベネタ)

画像はこちら↓
http://men.style.com/fashion/collections/F2008MEN/review/BVMEN


コメント

ワイドパンツのワイド感が目立ったトーマスマイヤーのボッテガベネタ
やっぱり、ワイドパンツは、これくらいワイドじゃないと!

ただ、バッグが売りのブランドだけあって、自慢のバッグと合わせると、迫力出過ぎで、嫌みなブランドになりそうで怖い。
服自体は好きな感じなのですけど。

ラグジュアリーブランドっていうのは、様々あって良いと思うのですが、六本木の某セレクトショップなんかに行くと、お客さんが、あきらかに”堅気じゃ無い”んですよ。
「これ安いね」とか言って、ハイブランドを買っている。
なんか、ファッションが、そういう人の為のものになっている現実が哀しいです。
01/26
Ann Demeulemeester(アンドゥムルメステール)2008秋冬パリメンズコレクション
2008 2009 AUTUM WINTER PARIS COLLECTION MENS
(2008秋冬パリメンズコレクション)


January 19, 2008
Ann Demeulemeester(アンドゥムルメステール)

http://men.style.com/fashion/collections/F2008MEN/review/ADMEN

コメント

このジャクソンポロックのような、というか、フジツボが沢山付着したようなパンツ、カッコイイですね☆
そして、ブーツも。。

後はいつもと一緒ですね。

とはいえ、アンの場合、アントワープのショップで見るとメチャメチャ欲しくなるんですよね。。
というか、パリコレの会場とか展示会場で、こういう奴見ると、バイヤーは皆やられてしまいます。
会場がカッコイイのよ、大概。
商品もカッコイイですけど。
値段も格好良過ぎです。ユーロ下がらないと厳しいでっせ、ほんま。。
01/26
Alexander McQueen(アレキサンダーマックイーン)2008秋冬ミラノメンズコレクション
2008 2009 AUTUM WINTER MILAN COLLECTION MENS
(2008秋冬ミラノメンズコレクション)

January 13, 2008
Alexander McQueen(アレキサンダーマックイーン)

http://men.style.com/fashion/collections/F2008MEN/review/AMCMEN

コメント

いつものような、参りました!というようなド派手なパフォーマンスのない今回。
美しいパンツのラインと靴のラインに目が向きました。

ペイズリー柄に代表されるように、イタリアの上質な素材にこだわったところは、生地の本場としてのイタリアファッションというレディースの流れと同じラインにあると思いますし、正しい方向のような気はします。
ただ、ファンとしては、マックイーンには、もっと弾けてもらいたいということはあります。
あなたとガリアーノが弾けなくて、誰が弾けるよ??

マックイーンのテーラードは、本当に美しいですが、それにともなって高価です。
一方、カジュアルのラインは、これどうよ?という質のものも多く、手を広げすぎな感じがするのですが、どんなもんでしょうか??
01/26
Alessandro Dell'Acqua (アレッサンドロデラクア)2008秋冬ミラノメンズコレクション
2008 2009 AUTUM WINTER MILAN COLLECTION MENS

January 14, 2008
Alessandro Dell'Acqua
(アレッサンドロデラクア)

http://men.style.com/fashion/collections/F2008MEN/review/ADACQUAMEN


コメント

アレッサンドロデラクアというと、ハイゲージのシャープなニットとジャケットが美しいブランドだったが、長い低迷期を経て序所に復活。
特にコレクションがどうということは無いけれど
今回は、ローゲージのニットが良さげでした。
相変わらず、レザーとスーツは綺麗ですね。
Copyright © 2005 服マニア.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。